お墓の利用スタイル

高齢者に便利なサービス

男性

お墓は、その家の家族が代々受け継いでいくのがこれまでのスタイルでした。ですが、このようなスタイルを継続することが現在では難しくなっています。お墓の引き継ぎ手がいないと、その墓は無縁墓となり、社会的な問題にまで発展していきます。今後このような問題が予想される場合、何らかの対策を立てておく必要があります。例えばお寺や霊園のサービスを利用するという方法が、1つの案として考えられます。神奈川の霊園は、遺骨を安置出来る合同の施設を設けます。遺骨は2体まで収容することが可能で、スペースはほぼ永久に使うことが出来ます。お寺の永代供養よりも安く利用出来ることがあり、お墓の問題に頭を抱えている方には朗報です。神奈川の霊園の施設は、2段階の期間を経て供養が行われます。納骨後しばらくの間は個別に管理が行われており、在命中の家族などが随時お参り出来る仕組みです。一定の期間を経過すると、合祀用のスペースに移され、その後は長きにわたって霊園による管理が行われます。こういったスタイルの神奈川の霊園は、高齢の夫婦にとっては特に便利です。家族が遠隔地に住んでいる場合にも選択が出来る、1つの墓のスタイルです。墓を設置するよりも安く利用出来るのが、神奈川の霊園の合祀のサービスです。墓の設置や撤去には、その都度手続きや工事が必要になってきます。労力的な負担やコストを考えた場合には、最初から墓を持たないという選択も今では可能です。

ロケーションも豊富

線香

故人が亡くなった時に、必ず没後の納骨が必要となりますが、その際に神奈川の霊園を選ぶという人珍しくありません。神奈川の霊園が人気の理由としては、まず第一に豊富な数があるという点にあります。都市部のアクセスが良好なところにある霊園から、海を見渡すことが出来たり大自然に近くて開放感のある霊園も多いので、故人を弔う上で最高の場となります。神奈川の霊園では様々な宗派に対応しているので、故人や家族で信仰していた宗派で納骨が可能です。ペット霊園も神奈川には多くあり、愛する動物が亡くなってしまった時に、供養する場所を提供してくれる所も多くあります。形態も通常の分譲の墓地から、納骨堂など予算に合わせて選べるので、無理なく使うことができる霊園を選択できます。永代供養のところならば故人だけではなく、その家族やご子息で代々と使っていくことができるので安心です。人気の墓地の場合には、その霊園のお墓の規格や値段などについて詳しく掲載しているパンフレットを用意しているケースも多く、選ぶ際にそれらを参考にすれば、これからどこの墓地にするのかを比較的速く決められます。また比較サイトなどを使うと予算に合わせた神奈川の霊園を探せるので、こうした手軽さも人気の理由の一つになっています。公営から民営まで営業形態は様々ですので、これから神奈川で霊園を探そうと思っている方はロケーションや価格などから選ぶことで後悔の無いお墓選びが出来ます。

無宗教無宗派の墓地を探す

合掌

高齢化社会が進むにつれて、自分の人生の始末の付け方に注目が集まっています。終活といって自分の人生が終わりを迎えた後、残された遺族に迷惑がかからないようにしておく高齢者が増えています。生前に霊園を確保しておくというのも終活の1つです。神奈川県には多くの霊園があります。その時に問題になるのが宗教や宗派です。新聞のチラシ広告やネットで宣伝している霊園の多くは無宗教無宗派をうたっています。日本人の多くは仏式で葬儀を行い、お墓を立てます。日本には十以上の宗教があり、宗派となるとさらに数が増えます。神奈川県で霊園を探す場合、無宗教無宗派となっているところを選べば安心して納骨できます。ただし神奈川県内にもお寺が経営している霊園があります。その場合はお寺の宗教と同じでないと納骨できないのです。お寺の檀家になる必要があるのです。例えば親がお寺の檀家になっている場合でも、子どもは親と違う宗教の場合もあります。その時には子どもは自分の宗教に従ってお墓を立てることができます。また夫婦で宗教や宗派が違うといった例もあります。その時は無宗教無宗派の霊園を選べば、夫婦で同じお墓に入ることができます。神奈川県で霊園をさがす場合、宗教の問題とは別に立地の問題もあります。神奈川は山地が多いので奥深い所に霊園がたくさんありますが、子や孫の墓参りのことを考えて選ぶ必要があります。できれば高齢になっても行きやすい平地の霊園を探すようにします。