継承の心配がないお墓

永代供養付きのお墓

女の人

「子供と離れて暮らしている」「子供がいない」「子供はいるが娘だけ・独身」など、お墓の継承についての不安を抱えている人は少なからずいます。そのため、永代供養墓や納骨堂、樹木葬といった新しいスタイルのお墓が注目されています。神奈川県内にも納骨堂が増えてきていますし、新しく永代供養墓や樹木葬を作る霊園もあります。また、神奈川に古くからあるお寺が、檀家にならなくてもOKな永代供養のお墓や樹木葬を敷地内に作るのも珍しいケースではなくなってきました。それだけ、お墓の継承問題は一般的になってきていると言えるでしょう。しかし、こうした新しいスタイルのお墓ではどうもお墓という感じがしないと、従来からある墓石のお墓を望む人も少なくありません。そうしたニーズに応えるため、永代供養付きの墓所が用意されている神奈川の霊園もあります。永代供養付きの墓所とは、名前の通り、普通のお墓に永代供養が付いているものです。通常、お墓は継承する人がいなければ墓じまいをして、墓地を霊園に返還します。また、継続して使うためには毎年、年間管理料の支払いが必要です。永代供養付きの墓所は、価格に墓じまいの費用を含みます。継承者がいなくなったら、あるいは一定期間が過ぎたら霊園側で墓じまいをして永代供養墓へ遺骨を移してくれるのです。年間管理料を最初に一定期間分まとめて払えるところもあります。横浜や川崎など神奈川のなかでも人口の多い都市部にこうした霊園が増えていますが、三浦半島や湘南エリアなど、古くから暮らす人が多い地域でも徐々にシステムが整備されつつあります。

申込みの方法

お墓に手を合わせる人

霊園はご先祖様を祀るための大切な場所ですが、神奈川県でも年々倍率が高くなっています。霊園の申込みを考えている場合どのように準備を始めれば良いのでしょうか。まず、神奈川県の公営墓地への申込を考えているなら、お住まいの市区町村に問い合わせをします。市区町村の担当窓口で申込に必要な書類などを教えてもらえるので、それらを用意しましょう。書類に何を書くかなどは市区町村によって変わってきますが、ホームページで確認することができます。ただ、最近は神奈川県内の公営墓地も定員に達しているところが多く、空いている場合でも抽選になるケースが多くあります。抽選に当選した場合、石材店に墓石の見積もりを出してもらうなどして、お墓の準備をすすめることになります。一方、抽選に外れた場合、いわゆる民営の霊園から探すことになります。民営の霊園では、申込みをする霊園によって、永大使用料や管理費など、様々な条件が変わってきます。料金だけでなく、駐車場や休憩のための施設、自宅からの距離など自分の条件にあった霊園を探すことになります。また最近、都市部では屋内の霊園も増えていますが、神奈川にも完全屋内の霊園があります。屋内の場合、当然、冷暖房完備のほか、霊園によっては24時間365日いつでもお墓参りが可能なところもあります。屋内霊園は、多くの場合が駅から徒歩圏内など交通の便が良いので、車を持っていないなど、公共の交通機関を利用する必要がある人にとっては便利です。

資料請求も可能

女の人

神奈川にも、大切なペットを亡くした後はどうすればいいのかと疑問をお持ちの方もいることでしょう。ペットが亡くなったときは、自宅の敷地内に土葬する、自治体に火葬を依頼する、ペット用の霊園に供養してもらうといった3種類の方法があります。ですが、最近は神奈川でもマンションや団地等に生活している方も多く、自治体やペット用の霊園に選ぶ方が多いようです。神奈川で自治体に火葬を頼むと、自宅まで遺体を引き取りに来てもらうこともでき費用は比較的安く済みます。ですが、ペットの火葬には立ち会えず、火葬後の返骨が受けられないという残念なところがあります。しかし、ペット霊園に依頼するとこのようなことはなく、火葬には立ち会うことも可能でペットとしっかりとお別れができます。それではペット霊園はどのような内容になっているのかというと、こちらは火葬方法に個別葬、合同葬、自宅葬と種類がありそれぞれで違ってきます。個別葬では遺体は個別に火葬されるので返骨もしてもらえます。また、プランによっては、立ち会いができ、お骨上げができるものもあります。さらにいまは、最愛のペットと一緒に入れるような霊園も登場しています。神奈川にも多数ありますが、宗教不問や人気が高いところなど様々なので、評判なども確認しながら契約するようにしましょう。いまは無料で資料請求も可能なので、まずはキャンペーンや割引があるのか、管理費用や永代使用料はどの程度なのかなどを資料にて調べて見た上で決めるといいかもしれません。