効率的に墓を購入する方法

口コミを参考にしよう

お墓

神奈川で霊園を探す時に気になるのが費用です。どんなに良い立地でサービス内容が充実していたとしても、予算以上に費用がかかるのであれば二の足を踏んでしまいます。また、神奈川にある似たような霊園であってもかかる費用が全く異なる場合があるため事前調査が大事です。神奈川の霊園の相場は、210万円程度です。全国平均に比べて少し高額になりますが、神奈川という首都圏に近い恵まれた立地ということを考えればそれだけの価値はあります。また、凝ったデザインの墓を購入する場合には相場以上の費用がかかることになります。高価な墓石を希望する場合も同様です。以上はあくまでもお墓の費用のみの話です。永代供養などのオプションを申し込むのであれば、それ以上の費用が必要です。また、永代供養を申し込まない場合は節目ごとの法要のための費用が随時かかります。霊園によっては、毎月の管理費が必要になる場合があるため事前に確認しておくようにします。できるだけ費用を抑えたい場合には、最初の支払いのみで後は何も必要ない所が適しています。神奈川の霊園の評判は、実際に利用している人から聞くのが一番です。霊園のWEBサイトには、利用者の声として様々な感想が寄せられています。また、事前に見学会に参加して気になる点を質問しておくと参考になります。その他、口コミサイトで気になる霊園を検索しておくと評判を確認するのに役立ちます。契約前にこのようなサービスを上手に利用しておくことで、良い霊園が見つかる確率が高くなるのです。

宗派や永代使用料

レディ

神奈川の墓地には、寺院墓地と公営墓地、そして民営霊園の3種類があります。このうち寺院墓地については檀家制度があり、基本的には利用できるのは檀家のみとなっています。寺院にはそれぞれ宗派があるので、利用の際には必然的に宗派ごとのしきたりに従うことになります。また墓石も、寺院指定の石材店で用意しなければなりません。一方公営墓地と民営霊園については、どの宗派に属している人でも利用できますし、石材店も自由に選択できます。ただし公営墓地については、利用料金がこの3種類の墓地の中では特に安いことから、神奈川では高い人気があります。具体的には、立地にもよるのですが、1体あたりの永代使用料が10万円前後なのです。その分空きが少なく、申し込みができる時期は限られています。しかし民営霊園については、神奈川の主要都市の郊外に設けられていることが多く、広々としているため空きが十分にあります。そのため随時申し込みができますし、墓石の設置場所もある程度選択可能となっています。永代使用料の相場は1体につき30〜60万円なので、公営墓地と比較すると高めですが、その分便利に利用できるようにと様々な工夫が凝らされています。駐車場はもちろん、墓参りの前後に一息つくためのテラスも用意されていることが多いのです。さらに神奈川には、インドアでの墓参りができる屋内型の霊園もあります。天候に左右されることなく、いつでも落ち着いて先祖供養ができることから、利用希望者が増加しています。

費用が安いことも魅力

女性

永代供養とはお墓を管理する家族や子孫がいない場合や、遠距離などの理由でお墓参りができない人に代わり、お寺や霊園が責任を持って永代に渡り供養と管理をするお墓のことです。一般的なお墓と異なり、お寺や霊園が建立したモニュメントのような建造物の地下にある納骨室に多くの人のお骨を安置する永代供養墓は、合祀墓とも呼ばれています。自分でお墓を建立する必要が無いことや墓地使用料が不要なことから、利用者は増加の傾向となっています。場所によって異なりますが、土地代と墓石工事費を含めたお墓一式の総額は200万円から300万円が平均価格ですが、永代供養の場合は納骨時に支払う20万円から50万円と大幅に安価であることが魅力です。しかし、横浜などの人気エリアがある神奈川県は面積に対しての人口比率が高く、お墓の数や土地そのものが不足傾向にあります。そのため、土地自体の価格が高く墓地の購入価格も非常に高価になっていることから、神奈川県には永代供養墓があるお寺や霊園が多いことが特徴です。また、永代供養の利用には宗旨や宗派を問わないことが多く、宗教を感じさせないガーデン調や近代的な雰囲気の明るいイメージ作りになっていることも人気の理由といえるでしょう。神奈川県の永代供養墓を探すには、雰囲気や費用を比較して検討できるウェブ検索が便利です。ガーデニング霊園や天候に影響されない屋内霊園などの人気霊園が神奈川にはたくさんあります。なので、じっくり探して心やすらぐ霊園を見つけましょう。