お墓の探し方

お墓を探す手順とポイント

線香

お墓は定められた霊園、墓地にのみ建てることができます。その中でも、地方自治体が運営する公営霊園、委託を受けた民間企業が運営する民営霊園、お寺が運営する寺院墓地の三種類に分かれています。神奈川県においては、寺院墓地の方が若干高価となっており、これは寺院が都心部に多いこと、寺院の歴史が長く信用があり人気であることに起因します。お墓を選ぶときは、まずどこにお墓を建てるのか決めることから始めます。お墓を建てる場所が決まったら、次に石材店を選びます。価格が安いところを優先的に選ぶ人が多いのですが、単に墓石を買うということだけでなく、墓石の設置、管理や改修工事などで関わることがあるため、信頼できる店を選ぶことが重要です。こうして建てる場所と石材店を決めたら、霊園の運営者にお墓の購入を申し込みます。ここで書類をまとめ料金を支払って、実際にお墓を建てることになります。神奈川県内で霊園を探すときには、多くの霊園の情報をまとめて紹介しているサイト等を使って比較すると便利です。神奈川という土地柄、湘南や三浦半島といった海沿いの場所、鎌倉などの歴史のある場所、横浜市内のアクセスがいい場所など、たくさんの選択肢があるので、何を優先して決めるのか考えて探すようにします。神奈川県内では横浜市に位置する霊園は相場が高いことが多いですが、高価だからいい、安価だから悪いということではなく、希望に沿った場所を選ぶとよいでしょう。立地、宗教や宗派、設備、環境、管理など様々な点で比較することが大切です。

手続きや撤去などについて

花

神奈川の霊園でお墓の返還をしたい場合、規定の流れに沿って手続きなどを行わなければなりません。霊園は管理者との間に契約が生まれてくるので、それを正式に解消しなければ後々トラブルが生まれてしまいます。何らかの事情で返還した意思があれば、それを正しく伝えていくことが大切です。お墓の返還の動きは、ここ数年で増加しています。神奈川にある霊園でもその現象が見られ、生前に動く人が少なくありません。返還する理由はさまざまですが、核家族化の増加や墓の管理などで子孫に迷惑をかけたくないという理由が挙げられます。実際に、墓を守る後継者の不足や墓管理が行き届かない事例は数多く起きています。そのため、霊園では返還について依頼があれば、お墓の撤去に至るまで流れを説明してくれます。神奈川の霊園では丁寧に対応してくれるので、安心して返還の意思が伝えられます。お墓の返還を管理者に伝えると、まずは書類にて手続きを行っていきます。霊園ごとに契約している証明書などがあれば、それも返還していくことになります。その際に必要となるのが印鑑で、印鑑証明書などがいる場合もあります。これらを終了したうえで、お墓の移動や撤去が認められるのです。返還後の埋葬は自分たちで決めなければいけませんが、移動や撤去の作業は業者が行ってくれます。こういう業者は霊園が紹介してくれることも多いので、分からなければ紹介してもらう手段もあります。神奈川には霊園がたくさんありますが、お墓の返還をする行為は決して珍しくありません。しかし、返還に関しては親戚と十分に話し合ってから行うのが鉄則です。返還した後に親戚から霊園に問い合わせがくることもあるので、事前に理解をしてもらわなければいけないのです。

どのようにして選ぶべきか

合掌

就職などで地方から都心に出てきて、そこで家庭を持つようになると、いずれは考えなければならないのが地元に残してきたお墓の扱いです。遠方であればあるほど敵機的に墓参することもままならなくなり、年を取ると管理も大変になることから近くへの改葬を検討しなければならない場合も多々あります。首都圏のベッドタウンでもある神奈川に改葬するために重要なことは自家の宗旨・宗派が何かを把握しておくということです。霊園によって宗旨・宗派の条件は異なってきますので、いくら気に入ったところでも条件が合わなければ断念せざるを得なくなります。神奈川のように多くの霊園があるエリアであれば条件が合うところがまったくないということはないと思いますが、重要なポイントですので知らない場合は早めに確認しておくべきです。次に、何といっても立地を気にするべきでしょう。家の近くにある霊園に改葬することができればお墓参りが負担になることもありませんし、管理の目も行き届きやすくなります。また、管理費用や墓代も霊園ごとに異なってきますので、思ったよりも支出が増えたということにならないように事前に調べておく必要があります。神奈川であれば高級霊園から一般的なところまで揃っていますので、金額を知ってびっくりするということもあり得ます。最後に、ご先祖様に入ってもらう訳ですので静かで落ち着ける環境にあるかどうかも大事です。神奈川県内でもエリアによっては豊かな自然が残されており、そういった場所であれば改葬先としてもふさわしいでしょう。